忍者ブログ

[PR]

2018年05月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミュンヒハウゼン症候群の口コミ情報

2009年01月20日



ミュンヒハウゼン症候群
ミュンヒハウゼン症候群(ミュンヒハウゼンしょうこうぐん)は自分に周囲の関心を引き寄せるために虚偽の話をしたり、自らの体を傷付けたり、病気を装ったりする症例の事。ビュルガーの著作から「ほら吹き男爵」の異名を持ったドイツ貴族・ミュンヒハウゼン男爵(実在)の名前から付けられている。1951年にイギリスの医師、リチャード・アッシャーによって発見され命名された。自分以外を傷つけ、周囲の関心を引き寄せるのは代理ミュンヒハウゼン症候群。<br/>ミュンヒハウゼン症候群には、虚偽の病気に罹患している対象が患者自身であるミュンヒハウゼン症候群と、近親者(母親の子供に対するケースが多いが、配偶者などのケースもある)を病気に仕立て上げる、代理によるミュンヒハウゼン症候群の2種類が存在する。<br/>




●ミュンヒハウゼン症候群についてですが、今までの人生を振り返り一度も嘘をついた....


ミュンヒハウゼン症候群についてですが、今までの人生を振り返り一度も嘘をついたことがない人など私は皆無だと考えます。しかし多少のこどでも虚偽のエピソードを話すことが医学的にこの病名に当て嵌まるのであれば全ての人がミュンヒハウゼン症候群になってしまいます。その線引きはどのような具合でするのか問いたいと思います。


続き
---












証券 比較ランキング


水族館 エンジェル


お笑い エンジェル





PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: